銀行からお金を借りる方法

銀行からお金を借りる方法

『家を買いたい』『海外留学がしたい』等まとまったお金が必要になったときは銀行からお金を借りることを考えますよね。 もちろんこのように使用用途が明確に決まっていれば目的ローンの審査の申し込みが出来ます。 従来まで銀行からお金を借りるというと上記のように目的ローンを組むのが一般的でした。 しかし最近は使用用途を限定せず一定の決まった範囲内で繰り返し借入ができるカードローンという商品を扱う銀行が増えてきました。 例えば生活費が少し足りない時や大きな買い物をしたいとき等にすぐお金を手にすることができるのです。

カードローンは目的ローンと比べて金利の面で少し割高になりますが手続きも簡素化されていて提出書類もほとんどありません。 また通常のローンだと審査に2週間程度要するところを早ければ30分で審査回答が出て即日入金してもらうことも可能となっています。

借入条件・必要書類を下記へ記載します。 (銀行によって条件は異なりますので詳細は銀行公式サイトでご確認ください。)

銀行でお金を借りる条件とは

カードローンが便利!と公言できる理由(メリット)

安定した収入があること。
(銀行によっては、主婦や学生の方でもパートやアルバイトをしていれば契約できるところもあります。)
日本に居住していること。
年齢が満20歳以上65歳以下の方。
保証会社の保証が受けられる方。

お金を借りるときに必要な書類

免許証やパスポート等の身分証明書
源泉徴収票または給料明細書

(100万円以下の借入では不要としている銀行もあります。)


カードローンは、カードさえ作っておけば全国のその銀行のATMや提携しているATMから引き出すことも出来るのでとても利便性に優れており 使い勝手が良いものです。もちろんカードを作っただけでは費用は発生しません。 銀行によっては土日のATMの利用料がかからないところもありますので休日に手数料をかけて自分の口座から降ろすより翌日に返済をしたほうが安くなることもあります。

限度額も最高500万〜800万円とかなりの高額に設定することができますし、 金利も2.5%〜15%前後と消費者金融の4.5%〜18%という数字に比べて低い設定になっています。

借入目的が決まっていたらもちろん目的ローンのほうが良いですが急にお金が必要になったときや出費が見込まれるときは銀行のカードローンがお勧めです。 無利息キャンペーンを行っていたり他社と比べて低金利で貸出をしていたりと銀行によって特色もありますのでいくつか公式サイトをご覧になってみるのも良いかもしれませんね。

メニュー

 


top