プロミスでお金を借りる

プロミスでお金を借りる


プロミスでのお金の借り方を知りましょう

たくさんの消費者金融や銀行などが、カードローンやフリーローンと言う形でお金を貸してくれるます。 そして、インターネットが発達した今の時代では、借入れを申し込んだ当日にお金を手にすることが出来るようになりました。 急を要する人にとって、とても助かるシステムだといえるでしょう。 ですが、お金のを借り方では、返済方法が違って来ます。 借りたお金を全額一度で返済してしまうことをキャッシングと呼び、何回かに分けて分割支払いをすることを、カードローンと呼びます。 ではプロミスから借りる時、どのような方法で借りることが出来るのでしょうか。 一般的には、プロミスの店舗へ行き、借入れの申し込みをすることが順当ですが、今の時代はやはりインターネットを利用することが、一番便利な方法と言えるでしょう。 わざわざ来店する必要がなく、自宅でインターネットから借入れの申し込みが出来るからです。 インターネット上で、まずは顧客情報として申し込みフォームに必要事項の全てを入力します。 この場合、借入れの最高額が50万円までとなっているので、注意が必要です。 初めてプロミスを利用する人には、特典がついてきます。 それは、30日間利息が無料になるサービスが受けられることです。 インターネットで契約が無事終わった人は、近くのATMへ行き、自分の口座から借りたお金を下ろすことが出来ます。 またこのネットからの申し込みは、24時間いつでも可能になっていることから、とても便利なシステムだといえるでしょう。

自分に合った申し込み方法とプロミスの審査条件

プロミスは有名で大手な上に、一定基準を満たした方なら誰でも簡単に申込みが出来るのが魅力です。 ですが、審査が甘いわけではありません。 申込みの方法には、スマートフォンやインターネット、電話や自動契約機などがあります。 インターネットやスマートフォンなら、24時間いつでも申込みが出来きます。 ですが、自動審査が朝の9時から夜の8時までなので、申込み日のうちに審査結果が欲しい方はその時間までに申し込みを済ませておきましょう。 自動契約機の場合は、朝の9時から夜の21時まで申込みが可能になります。 申込みの流れですが、まずは手元に身分証明書と借入金額によっては納税証明や所得証明が必要な場合もありますので、用意できるようであれば用意はしておいた方がいいです。 手元に書類が揃ったら申込みが出来ます。 必要な情報を入力し、必要書類をメールで送ります。 その後、自動審査結果で契約基準を満たしていればプロミスから連絡が入り、借入可能金額の決定や契約方法を決めます。 インターネットで契約の場合は、ネットで契約の確認が済み次第、振り込みが可能になります。 そのお金もすぐに取り出すことが可能です。 自動契約機の場合は、その場で契約書類を作成しカードが出てきますので、そのカードでキャッシングが出来ます。 郵送契約は一番時間がかかりますが、登録住所に契約書類が届き指示に従って記入をします。 必要な書類と合わせて返送し、プロミスが確認終了後にキャッシングが出来ます。 審査条件ですが、20歳から69歳までで、収入が安定している方を対象にしています。 収入以上の高額な借入はできないので注意しましょう。

50年という長い歴史を持つプロミス

プロミスは現在多く存在している消費者金融の中でも、安定した経営を行ない、利用者を獲得しています。 ここには安心してお金を借りることができるという心強さがあるのです。 たとえば、急な出費に備えるためのキャッシングですが、いざというときにはとても心強い味方になってくれます。 歴史のある消費者金融ですから、非常に便利で安心できるキャッシングが行なえるのです。 プロミスは、三井住友ファイナンシャルグループであるSMBCコンシューマーファイナンスが運営しています。 何と約50年という長い歴史を持つ、関西で立ち上げられた消費者金融です。 日本の高度成長期を始め、あの驚異的なバブル期を経て、着々と成長してきたのでした。 まだあまり見かけなかったCDやATMの導入も、ここではわりと早い段階で取り組んでいました。 そして、大変な話題になった無人契約機で、一気に進展をさせたのです。 消費者金融というイメージは、昔はあまり良いものではありませんでした。 その後、さまざまな改革が行なわれ、テレビコマーシャルでも人気タレントを起用して、そのイメージを変えてきました。 この会社でも、話題になるようなテレビコマーシャルが多々ありました。 それにより、今までの印象がガラっと変わって、身近で利用しやすいものへとイメージが変わったのです。 消費者金融業界で積極的な事業展開をしてきたプロミスでしたが、人々に親しまれてきた社名も、2012年にSMBCコンシューマーファイナンス株式会社というものに変わりました。

メニュー

 


top