お金を借りるときの疑問

お金を借りる前の返済シミュレーションが大切です


 

試してみよう、借り入れ前の返済シミュレーション

もしお金を借りて返済するときに、どのくらいのお金が必要なのかを知りたいのであれば、キャッシング会社のウェブサイトにある「返済シミュレーション」を試してみてもいいでしょう。
これは何かというと、借りたお金を返済する時にだいたいどのくらいお金がいるのかをチェックできるものです。
この場合は、大体の場合は利息が年利18パーセントとなっていることが多く、また、借入金額は大体の場合は一万円単位で借りることが出来るように計算されていることが多いものです。
ただし、この金額は実際に借りるときのものと同じということはあまり無いようです。
理由としては、あなたがキャッシング会社からどういう条件で借り入れが出来るかということがまだ分からないからです。
たとえば、利用可能枠を思っていたより大きくもらえるようになっているのであれば、会社によっては合わせて一緒に金利も安くなっている可能性が高いからです。
金利については、特に総借入額や借り入れ可能枠によって変わってくることも多く、この金額は一概に返済シミュレーションの金額どおりとは限らないようになっているものでもあります。
ただし、目安としてはわかりやすくなっているでしょう。
もし一度しっかり借りたいのであれば、だいたいいくらになるかをチェックしておくということもいいことかもしれません。
シミュレーションによって金額をしっかり把握しておいて、着実に返済していくようにしましょう。


 

知るとお得キャッシング返済方法・返済方式

クレジットカードやキャッシングを使用した経験のある方にとって、返済方式としては本来借りている大元の料金と、利息のついたお金を両方返済することはご理解しているでしょう。
しかし、その返済の方法については、各会社によって異なっているのですが、一般的にはリボルビング払いが多いのです。
リボルビング払いとは、リボ払いと略され、使用した分と利息を毎月定額で支払う方法です。
契約する前にあらかじめ毎月どれくらいの料金を支払うかを決定することができるので、毎月の返済額は一緒ですが、返済回数は大きく異なります。
その中でも定額と定率、そして残高スライド方式に分かれています。
定額の場合には、毎月支払うことになっている返済額が決まっているので、その金額にプラスして利息がつく方法となっています。
この方法であれば他のリボ払いよりも支払いが早くすみます。
定率の場合には、最低限支払う返済額が決まっているので、その中で元本と利息を支払う方法となります。
この方法ですと、回数は増えますが、確実に支払いを実行することができるので、支払いやすい方法となっています。
さらに残高スライドリボルビング払いの場合には、毎月返済額が変わりますので特徴ある方法と言えます。
返済残高ごとに利息が変わるので、返済額は変わらないのですが、利息が毎月変化する形となるため返済額が異なるのが大きな特徴となっているのです。
他にも元利均等方式や元金均等方式など、様々な返済方法があるので、会社ごとの状況を確認して使用する人が多いのです。


 

計算簡単なアドオン方式、でも実質金利は?

アドオン方式とは、金利を表示する時の方法の1つになります。
最近はあまり聞かない金利の表示法ですが、いったいどんなものなのでしょう。
あなたが2万円借りたとします。
それを、10回払いで返済することにしました。
毎月の返済額は2,400円です。
この場合、利息は4,000円ということになります。
この場合、利息を計算するとしたらどんな計算式になるでしょう。
アドオンで計算するとすると、4,000÷20,000×100=20%ということになります。
10回払いで返済するわけですから、アドオン金利では20×12÷10で24%です。
一見、この計算式でなんの問題もないような気がします。
ちゃんと計算は合っている、そう思った方、何か見落としてはいませんか。
そうです、この方式で計算すると、元金が毎月の返済で減るということが忘れられています。
つまり、アドオン方式では、元金が減ることを計算に入れていないのです。
元金は減っているのに、減っていないとして利息が計算されています。
実質年利で計算すると、この場合41.25%というかなり高い利息になってしまうのです。
計算が簡単なアドオン方式ですが、利用者にとっては一見利息が低そうなのに、実は高いというトラップが潜んでいることになります。

利息が高いのに低いと誤解しないように、現在は実質年利だけを表示するように法律で決められているのです。
これは、利用者を保護する上でも大事なことでしょう。


 

非常にもったいない遅延損害金の支払い

遅延損害金というのは決められた返済日に返済できなかった時に支払うべき損害金です。
こちらについても利息制限法と出資法による上限が決められています。
利息制限法では制限利息の1.46倍までと定められています。
具体的には借金が10万円未満の場合は年率29.2%、10万円以上で100万円未満の場合は年率26.28%、100万円以上ですと年率21.9%という上限になっています。
しかしながら、出資法における上限に関しては年率20%までになりますので、現在では遅延損害金は20%までしか課されないことになります。
ただし、改正貸金業法が施行される平成22年6月18日以前の契約に関しては出資法による上限が40.004%になりますので、結果的には利息制限法の上限の通りになる点には注意したほうがいいでしょう。
それではどのように計算されるのかを見てみることにします。
具体的な計算式としては「借入残高×遅延損害金(年率)÷365日×遅延した日数」です。
現在の借入残高は20万円あり、どうしても返済日に返済できなくなり3日間の損害金が発生することになりました。
それでは具体的に当てはめていきますと「200,000×20%÷365×3=328円」となります。
3日遅延しただけで328円も支払わないといけないということになると無駄遣いをしたなという気になりませんか。
できることであれば決められた返済日までにお金を用意してきちんと返済することをお勧めします。


 

メニュー

 

 


top