お金を借りる,お金借りる,審査方法,審査基準

お金を借りる審査方法・審査基準

基本的なお金を借りる会社の選び方

キャッシング会社の融資の条件はそれぞれで異なりますが、自分にとって必要なサービスが受けられることと、できればより有利なサービスを受けられることとを重視して選ぶ事が必要です。 一つ目のポイントが借入限度額になります。 キャッシングを利用しようと思ったときには、やはり何か購入するなどの資金需要があるはずです。 必要な資金を借りる事ができるのかどうかを確認しておく事は必要となってくるでしょう。 どれだけ優れたサービスであっても、必要なだけの資金を借りる事ができなければ意味はありませんから、まず借入限度額が十分にあるかどうかで絞り込むことが必要になります。 次に考えなければならないのが利息の支払額です。 長期的に利用するのなら金利の低いサービスを選ぶべきでしょう。 金利が低ければ支払う利息の金額が小さくなりますから、融資としては優れていると考えられます。 短期での利用の場合には無利息期間についても把握しておくことが必要です。 最近では色々な金融機関が一定の期間なら無利息で融資を行っています。 必要なだけ無利息で借りる事ができれば有利ですから、これも選び方の一つとして考えておく必要があります。 そのほかには、ATMを利用したときの手数料があります。 コンビニATMや提携している銀行のCD/ATMを利用できる場合が多いのですが、手数料がかかることもあります。 できれば手数料が無料で使えるキャッシング会社を選ぶのが良いです。 キャッシング会社のサービスは様々ですが、まずはこれらを中心に考えていくべきでしょう。

キャッシングの審査方法をチェックしておく

融資を受けたいのなら、事前に審査が必要なことを把握しておきます。 その理由として、キャッシングを利用したいと思っているだけでは、すぐに融資を受けることが出来ないからです。 スムーズに融資を受けるためには、審査に必要な書類や審査基準をクリアしていかなくてはいけないので、事前に把握します。 まず、審査に必要になる書類としては、返済能力の確認を金融機関は最初に行うのです。 金融機関としては、せっかく融資を行っても、全く返済する能力が備わっていない方に融資はしないので、しっかりと自分の収入や返済能力の有無を確認します。 必要な書類は、収入証明書です。 これは、自分の収入を証明する書類なので、絶対に準備しておくべき書類となります。 この収入証明書で、融資できるのか返済能力はあるのかといった審査が行われるのです。 もう一つ絶対に必要な書類は、身分証明書で、多くの方は運転免許証などを審査の時に提出しています。 この二つの書類は、どのような金融機関を利用する時でも、必要です。 審査をスムーズに通過したいと考えているのならば、事前に準備をします。 審査方法として、最も気になるは審査基準です。 どのような基準で、行っているのか利用者なら誰もが気になります。 しかし、一般的には、審査基準を公表している金融機関はないです。 その為、しっかりとした基準はありませんが、やはり収入が安定していることや身分が証明されているということは、最低限の審査基準となります。

気になるキャッシングの審査基準について

キャッシングの申し込みにあたっては金融機関による審査を通過しなければなりません。 キャッシングの審査ではどのようなことが見られているのでしょうか。 まず、審査項目でもっとも重要なポイントは「信用情報」です。 信用情報とは申込者が過去や現在において金融事故を起こしていないかという情報です。 例えば過去に別の業者から借り入れをしていて、その返済が遅滞していたり、滞納があったりする場合には信用度が低いという理由で融資を断られることがあります。 滞納が度々あったり、返済できなくなって債務整理を行った場合にはブラックリストに事故情報が記載されてしまいます。 この状態になると、今後数年間は融資が受けられなくなってしまいますし、クレジットカードの発行もできなくなってしまいます。 また、返済自体に問題がなくても現在において複数の業者から多額の借り入れがある場合には新たな融資を受けることが出来ません。 これは総量規制という制度によるもので、すでに年収の3分の1に当たる金額を借りている場合には、それ以上の融資は受けることができません。 信用情報に問題がなければ属性の情報が審査されます。 これは年収がいくらあるかといったことや、どんな仕事に就いているかといった情報です。 年収が多いほうが返済能力が高いと判断されるので審査が通りやすくなりますし、安定性が高く離職率の低い仕事のほうが評価が高くなります。 さらに、マイホームを持っていると審査に通りやすいということもあります。 マイホームを購入するにあたってほとんどの人は銀行の住宅ローンを利用するわけですが、その際に消費者金融より審査基準の厳しいローン審査を通過していることで信用力があると評価されるからです。

なぜ!?キャッシングの審査に落ちた原因とは

キャッシングサービスを提供している金融会社はいくつもあります。 いつも利用している銀行、よく見かける消費者金融、そして毎日利用しているクレジットカードを提供している信販会社もそうです。 これら金融会社それぞれで、審査基準や考え方は違ってきます。 ですが、だいたいは一定の収入があれば誰でも利用することができるものです。 ところが、なかにはキャッシングを申し込んだところ、審査に落ちてしまう方もいます。 お金が必要で申し込んだのに、利用することができなければ非常に困るでしょう。 就職していて一定の収入があれば審査に通るはずなのに、なぜ審査に落ちてしまったのだろうと思うはずです。 審査に落ちた原因はいくつか考えられます。 収入が少ないということも原因の一つになりますが、多くの場合他社からの借り入れや返済などが原因として考えられるでしょう。 銀行のキャッシングの場合、もともと審査が厳しいため、銀行内の既定のラインに収入が届かず審査に落とされる場合ががあります。 その場合は、銀行ではなく消費者金融などに申し込めばいいので、それほど大きな問題ではありません。 問題なのは、一度でも返済が滞った経験がある方や他社に多額の借り入れがある方です。 そういった信用情報の履歴は、金融機関であれば信用情報機関で調べることができます。 その場合、審査に落ちたからといって、すぐに別の金融機関に申し込むのは事態を悪くさせることになるからです。 お金に困っているのではないかということになり、どこからも借りられなくなる可能性もあります。 その場合は、一定期間をあけるのがベターでしょう。

メニュー

 


top